学校・仕事後の楽しみを作ろう/メタボの悩み・ストレス解消術

メタボが気になる男は、ダイエットを頑張るのではなくまず「日常を遊べ」!知らず知らずのうちに楽に痩せていく方法を伝授。

学校・仕事後の楽しみを作ろう

趣味を作ると痩せるって本当?

メタボ、ダイエット、運動、食事制限、野菜…。どれも痩せたい男にとって大事なことであると同時に、耳が痛すぎる言葉でもある。

毎年のようにできるだけ楽して痩せられるような方法が一時のブームになるが、今までしてこなかった好きでもないことをいきなり習慣にしろと言われてもストレスでしかない。

多少キツイ思いをしなくては痩せないのは皆分かっているが、それでも楽な方法を選びたがるのは「続けたい」からだ。続ける勇気と気力さえあれば、今頃自分もスッキリと…。これは意志の弱さだけでなく、続けられる方法が分からず漠然としているから続ける意志も生まれないのだ。

これは単純な話、「自分が好きになれそうなこと」をダイエット代わりにやってみるのが一番。

それがスポーツなら最高だが、スポーツ以外でも隣町の本屋のほうが広いから自転車で通おうとか、カラオケでヒトカラして帰ろうとか、もちろんいつもと違うことはしないといけないがそれが趣味のため、ストレス発散のための行動なら毎週でも苦にならないだろう。

行動範囲が広がれば新たな楽しみが増えるし一石二鳥だ。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

ストレスが頑張る気力を奪っている

ダイエットを決意するとそれだけでちょっとストレスが生まれる。今まで食べていたお菓子を減らすとか意識して体を動かすとか、行動自体のストレスもそうだが、サボる甘えや誘惑に毎時毎日打ち勝つための精神力が求められる。

こんなストレスが、普通に頑張るだけの気力すら奪ってしまっているのだ。だから最初は、いくら劇的な効果が出なくても極力ストレスを感じないように「遊ぶ」のだ。自分でも「これ運動したことになるの?」くらいの遊びみたいなことを毎日続けていくのだ。

ほんの少しでも続ける習慣が身に付けば、続けたことへの自信がつき、それがダイエット自体を楽しめるきっかけになる。毎日必ずどこかへ出掛ける人が多いと思うから、そこから家へ帰るまでの間寄り道をしよう。

ちょっと遠くのスーパーやコンビニで、そこでしか売っていない食べ物や飲み物を買う、こんなことでもいい。もちろんいつものにプラスしてそこで買い物すると太るので、いつも買うものを遠い店で買うという感じだ。

休みの前日の夜にそこへ行くと決めたりすれば、より仕事終わりの開放感が味わえるだろう。

行動した分痩せたことにする

走るより歩いたほうが痩せるとかその逆とか、体を温めるといいとかテニスがくびれに効くとか、知っていれば効率よく痩せられることは分かっているが、知識ばかりが増えても実践できなければ意味がない。

だから、同じ「楽して痩せる」でも、痩せやすい運動をするのではなく、実際に自分で「動いた分痩せているんだ!」と思い込もう。

例えば掃除したらこれでちょっと痩せたな、シャワーだけだったのを湯船に浸かるようにすれば今日すごい痩せたなと毎回何か行動するたびに痩せたと思ったり口に出したりする。

これは食事にも応用できる。食事の場合は食べるのを我慢するというよりも、長く噛んで食べられたからこれは痩せるなとか、そんな感じだ。実際に動いたらその分痩せるっていうのは嘘じゃないし、これを毎日繰り返していくことでチリも積もれば山になる。

そして極めつけが、たまに「めっちゃ痩せたかも!」と実感できるできごとを作ること。例えば簡単なのはマッサージで体をほぐしてもらうこと。体は温まり筋肉はほぐれ脂肪も燃える。ダイエット自体を楽しむコツさえ発見できれば、学校や仕事が忙しくても自然と体は動くだろう。

FX初心者