強い性欲でストレスを感じにくくなる方法/性欲の悩み・ストレス解消術

性欲が強すぎていつもエッチなことばっかり考えてしまう男たちへ。性欲を上手にコントロールできる食事や過ごし方を学ぼう。

強い性欲でストレスを感じにくくなる方法

性欲解消に変わるものを探す

これはもうずっと前から言われていることで、性欲が強くて悩んでいる男なら耳にたこができているかもしれない。

しかしオナニーやセックスなど性欲解消のための行為は、気持ち良いし嫌なことが忘れられるなど単純なものだ。だから気持ちが良く嫌なことが忘れられるような、別のものを探せばいい。

そのためには、テンプレのように言われている「性欲を抑えるにはスポーツ!」みたいなのではなく、本当に自分が興味があって快感を得られて夢中になれることを探すことが大事だ。

例えば元々アウトドア派なら、あてもなくサイクリングしたり低い山を登ったりして時間を過ごし、インドア派なら映画やアニメ鑑賞、料理などに集中する。疲れているならば無理して動かず、整体やマッサージなどの店に行き癒されてくるのも良いだろう。

物理的に性欲を考える暇を無くしたり、反対にストレスのせいで性欲が強くなっているのならストレス自体を癒してあげる方法を考えてみよう。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

性欲を減らす食事の日を作る

性欲は口にする食事の成分にも影響されることがある。

これは「性欲が強くなる原因とは?」のページでも説明してあるのだが、精力がつくとされているニンニクや肉はもちろん、普段から色んな料理に潜んでいるたまねぎやニラなどの香りの強い食材にも注意しなければならない。

しかしこれらは元気の源でもあるし、毎回チェックしたりするのも面倒だ。だから普段からこれらの食材を極力減らすのはもちろんだが、反対に「性欲を抑えてくれる食事」を取り入れることでプラマイ0に近い作用をしてくれる。

もちろん塩と砂糖を混ぜても無味にならないのと同じで、綺麗に打ち消しあってくれるわけではない。しかしただ精力がつく食事を我慢するよりも効果が早く大きく出てくれる可能性がある。

ちなみに精力が落ちる食材には、豆乳や豆腐などの大豆食品が良いようだ。男らしい強い性欲は男性ホルモンが関連しているが、大豆は女性ホルモンに似た作用を起こしてくれるため性欲が適度に落ち着く、という仕組みだ。

女性ホルモンに似た物質が作用すれば肌も綺麗になりやすいから、一石二鳥でもある。

ストレスにならない程度に人と関わる

性欲が強くても楽しめているうちは良い。だけど性欲の強さが悩みやストレスになっているなら、自分が我慢するしないの話ではないから脳に直接訴えかける必要がある。脳に違う意味で快感や達成感を与えるのだ。

仕事や学校ではその場に一人きりになることがまずないから、周りを何となくでも気にしながら仕事をしたり授業を受けたりしていると思う。それが終われば友達と遊びに行ったり同僚と飲みに行ったり、そういう人と関わる過ごし方をしているときはそちらに気が紛れて雑念は思い浮かびにくい。

嫌いな相手とわざわざ付き合ってイライラするのは逆効果だが、人付き合いが苦手でも店の店員と話したりちょっと旧友に声を掛けて遊んでみたりすれば自然と自分に溜まるあらゆるストレスを解消することができる。

爆発的に楽しい経験をしなくても、充実した時間を過ごす体験を繰り返していくうちにだんだんと性欲の優先順位が下がっていくのだ。

FX初心者