セックスレス-特定の相手にだけ性欲がわかない-/性欲の悩み・ストレス解消術

「あ〜最近セックスする気になれないよ」と彼女(妻)に対してプレッシャーを感じている人達の為の記事

セックスレス-特定の相手にだけ性欲がわかない-

性欲がないわけじゃないけども・・・

今回は特定の相手がいない男性にはあまり縁がない話だけども・・・。


性欲がないわけじゃない、むしろあるのだが、彼女(妻)とはやる気にならない!という男性はいないだろうか。別に愛してないわけじゃないけど、俺の息子は反応しない・・・みたいな事は、わりとよく聞く話である。

時には「彼女とのセックスを回避するのが最近しんどい。」みたいなちょっと失礼な話も話題に上る事もある。正直「いつでも食えるから食べない。」みたいな話なので羨ましいしムカつくので、「そのうちこっぴどく捨てられろ。」と内心思ったり思わなかったりだ。

実はセックスレスというのは離婚事由として認められる位の出来事なので、わりと深刻な話である。でも「出来ないものは出来ないんだ!」と半泣きになってしまいたくなる男性は多いはずだ。
かと言って自分が浮気するわけにはいかない。バレてしまえば、社会的・金銭的・精神的に大ダメージを負う羽目になるし、何より動物ではないというプライドもある。

だが、上記の失礼太郎のような場合は別だが、男にだってヤレない時があるのはよくわかる。しかし、ヤラなくてはならない時もある。(浮気されたら嫌だからね。)

そういう時少しでも負担にならないセックスをする為に、なぜセックスレスになるのか、そしてその解消法はないのかを考えて行こうと思う。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

彼女や妻に性欲がわかない理由

セックスレスの理由としては、マンネリ(めんどくさい)、疲れている、以前彼女(妻)と行為した際に(精神的に)傷付いたED、である。
正直EDに関しては別の項目で書いている通り、生活改善回春マッサージに行ったり、最終的には通院など専門家の意見を仰いだ方がよいので、ここでは扱わない。

疲れているに関しては、正直働いている以上しょうがない事である。
特に仕事が詰まっていたり、人間関係のいざこざがあると、どうしてもそちらに気がむいてしまってセックスなんかも楽しめないものである。
ただその時に彼女(妻)に対してただ単に「疲れているから」と言ってしまうのは、彼女達にあらぬ想像をさせてしまって不安にしてしまう要因になる。そうすると原因を解消して自分がやる気を取り戻した時には、彼女(妻)からセックスを拒否されている事態にもなりかねない。

以前傷付いたに関しても同様である。
男には性的な事に対して傷付きたくないという面倒な自尊心があるため、女性にちょっと不満げな顔をされたり、実際に不満を指摘されたりするとそれがプレッシャーとなり、セックスに関して消極的になりがちである。
その時ははっきり彼女(妻)にそれを伝えてしまおう。
彼女(妻)だってあなたとセックスが出来るくらいには貴方の事を大切に思っているはずだ。伝えてみると案外「そんなこと思ってないよ。」や「考えすぎ」など帰ってきて気持ちが軽くなるものである。もし、その通りだったとしても嫌だったことを教えてもらう事は、これからより良いセックスをしていくためのPDCAサイクルの一環だと思えばよいのだ。

マンネリについてだが、こちらについてはとにかく新たな刺激を生活にとりいれるしかないだろう。
男性由来のマンネリは総合すると「特別感がない」である。
距離感が家族になってしまった・彼女(妻)が劣化して魅力減退・生活感が溢れすぎている・・・あたりが理由である。そしてそれをなんとなく伝え辛いまま過ごしてしまった結果、セックスレスが長引き、気付いた時にはヤるにヤレなくなるというものである。

因みに女性由来のマンネリは「飽きた」というものが多いようだ。
男側が技術力の向上を怠ったり、インスタントだったりワンパターンなセックスになってしまうと、飽きてしまうそうだ。女性は行為中の意外性を求めるということだろうか。かなり傷付く話であるがこれが真実のようだ・・・。

コミュニケーションと刺激が必要

こう考えてみると、セックスレスが常習化する原因は「言いたいことも言えないこんな男女関係じゃ・・・」という感じである。
「人間関係で悩んでいてそれどころじゃない」とか「太った」とか「素の姿ばかりで女を感じない」とか、そういうことは言ってしまえばいいのである。

悩み自体は誰でも持つものだから理解してもらえるだろうが、後者を指摘するのは勇気がいるだろう。しかし、それは出した方が良い勇気だ。決して蛮勇ではない。
確かに言った瞬間は世界の終わりかと思うくらい怒られるかもしれないが、それは思い当たる事があるから怒るのだ。むしろそれで怒らない彼女(妻)はあなたの事を男としてどうでもいいし、自分は女としての役割は終わってると思っている可能性が高い。怒ってくれたらこっちのものである。
怒るような彼女(妻)の方が反骨精神で綺麗になってくれる(かもしれない)だろう。それにそうやってある程度感情を揺さぶるというのは人間関係において大事である。

マンネリになっている場合もそうだ。日常生活からマンネリになっている可能性が高いので、日常に変化をつけると良いだろう。
各々が勝手にやるスタイルだとよくないので、出来れば彼女(妻)と一緒にやれるものがいい。二人で外の刺激を受ける事によって、お互いの久しく見ていなかった面や、新たに出て来た面などを見て新たな刺激を貪欲に摂取して行こう。

例えば、お互いにマッサージしてみるのはどうだろう。いきなり性的な意味で触りあうと「結局しなきゃいけないのか」とプレッシャーに感じがちである。なのでまずおもいやりを持って、相手に触れてみる事からはじめるのだ。

・・・念のために書いておくが性的な刺激を取り入れる時は、彼女(妻)の意向をよくよく聞いて取り入れるようにしないと、一気にお別れコースまっしぐらなので気を付けよう。

FX初心者