性欲が強いせい?風俗にハマってしまった。/性欲の悩み・ストレス解消術

風俗にハマってしまった!ムラムラだけが原因じゃない?風俗にハマってしまった悩みを解消しよう!

本当に性欲が強いせい?風俗にハマってしまった。

風俗にハマることってある?

デリヘル、ピンサロ、ソープ、風俗エステ・・・男の性欲発散のためのサービスは世の中にごまんとある。男は男性ホルモンや毎日精子がつくられるという体の構造上数日毎に出して性欲を発散しないといけないし、個人的な感想ではあるが女性より寂しがりやが多い気がする。

女性とデートするより男同士で飲みに行って話した方が楽しいし、オナニーの方が「手軽でめんどくさいこともなくすっきりだ。」と頭では思う反面、「女の子、抱きた〜い」となる日は少なくない。男の遺伝子に組み込まれた業である・・・。

しかし、そうそう都合よく女性が抱かせてくれるわけがない。なぜなら女性はセックスすることに常にリスクが伴う体の構造だからである。安全な男か、下手な男じゃないか、何かあった際に責任が取れる男か、そもそも好みの男かどうか、そんな条件をクリアしてはじめてやっと「セックスしてもいいかも」と思ってくれるのだ。

めんどくさいし、自信もない、プレッシャーもある、そんな男に優しい世界が風俗だ。好みの女の子を選んでお金を払えば、どんな男だって相手にしてくれるしヌいてくれてありあまる性欲を収めてくれるのが風俗嬢だ。

そしてそんな優しい世界にズブズブハマってしまう事は、ちょっと疲れている男ならばありがちな事なのではないだろうか。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

決してエッチなサービスのみでハマっているわけではない

結論として、風俗にハマる男に共通しているのは日常に癒しが足りない事だと考えている。もしそうでなければ彼女や妻がいれば、風俗にはハマらないのだ。なぜならハマる必要性がないからである。

この癒しとは何か。肌を重ねる事による癒しや、人と会話できる事による癒し自分を否定されない事による癒しだ。これがお金を払っているからこそ得られる肯定なのに、風俗嬢の接客スキルによっては「もしかして俺自身を肯定してくれているのでは」という錯覚に落ちてしまう。むしろお金を払っている以上そうそう滅多な事じゃ否定されない、という安心感も原因としてありえそうだ。

そういう癒しや安心感を得られる快感と、射精できる快感の虜になっているのだ。

だから、これは彼女がいるとか、童貞だからとか、の話ではなく、風俗が思った以上に居心地が良い空間を提供されてしまうことが原因である居心地がいいうえにエッチなサービスで気持ちが良い。決して安くは無いお金を払っているとはいえ、日常生活でどちらも手に入れるというのは、中々難しい事なのだ。それこそ前述したようなクリア条件が必要になるのだ。

風俗にハマることは悪いことなのか?

そもそも風俗にハマることは悪い事なのだろうか。誰かに嫌がられたり負担をかけたりせずに性欲を発散する事が出来て、しかもそれが可愛い(というより好みの)女の子相手である。実際そんなに悪い事ではないのではないのだろうか。

但し、風俗にハマる事によるデメリットは確実に存在している。それは風俗を利用するとお金がかかる。特にハマっている風俗の料金システムにもよるが、通常料金のところで週1以上行っているとなると、年間100万単位で財政を圧迫しているだろう。

まずは、自分が風俗に何人の福沢諭吉をつぎ込んでいるかをエクセルや、スマホの家計簿アプリでも良いので総額を算出してみるのをオススメする。また、その時に月の収入と貯金額なんかも記入してみると、一気に現実が見えてきてかなり効果がある。

次に風俗に行きたくなったらとりあえずヌイてみる事だ。癒しや安心感を求めているのが原因とはいえ、そもそもヌくサービスであるからそれだけが目的の事もある。その場合はオナニーで発散してしまう事をオススメする。なぜならただ溜まったものを出したいだけの場合、出してしまえば風俗行きたい欲は収まるからだ。単純な話である。

もし、出したとしても「風俗利用したい気持ちがおさまらない」という場合は、罪悪感は忘れて行った方がストレスにならなくて良い。ヌいても利用したいぐらいの気持ちの時にあえて利用を我慢すると、何かのはずみでより深くハマってしまうこともあるからだ。

FX初心者