にんにくは本当に性欲が高まるのか?/性欲の悩み・ストレス解消術

にんにくは本当に性欲が高まるのか?成分をもとにひも解いていこう!

にんにくは本当に性欲が高まるのか?

ニンニクと性欲の関係

精力のつく食材として広く浸透している食材にニンニクがある。しかし、ニンニクを食べたら本当にギンギラギンになってくれるのか?

古代エジプトでは、滋養強壮の力があるニンニクをピラミッド建設の労働者に与えていたという説がある。日本でも昔、僧侶は酒とニンニクを禁じられていた。それはこの2つは性欲を高めてムラムラしてしまうからと言われている。それほど昔からニンニクは精力を高める食材として知られていたんですね。

では、実際の所どうなのか?
ニンニクを食べたから、我慢できないほどギラギラして前かがみで歩かなければならない・・・となる人は、まあ、いないだろう。

では、なぜニンニクなのか。それはニンニクに含まれる成分に関係がある。
このサイトでも紹介しているが、亜鉛は性機能に不可欠なものであり、この亜鉛が多く含まれている為、精力が着くと言われているのだろう。

亜鉛だけなら牡蠣が食品で最も多いと言われているが、ニンニクには血管拡張作用があり、血流が良くなる
となると、勃起する為の血行も良くなるということ。精力が着くというのも間違いではないだろう。

疲労回復などの効果もニンニクには有るため、身体が健康的になり、正常な男としての欲求が湧いて出ているということか。と、筆者は考える。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

精力がつくと言われている食べ物

結局は健康に関係のある食べ物、ということになるが、そんなことを言い出しては色々キリがないのでいくつか抜粋してみよう。

亜鉛を多く含む食べ物の代表格は『牡蠣・にんにく・レバー・煮干し・牛ロース・うなぎ』など。
インスタント食品の中には亜鉛の吸収を妨げる添加物が入っていたり、アルコールを分解をする際にも消費されてしまうので、お酒やインスタント食品が多い人は特に気を付けてとるようにしてほしい。

アルギニンも疲労回復や性的快感の向上につながると言われている。
主に『甲殻類やナッツ類、玄米、ポップコーン等』に含まれる。

セレンも精子の量や運動能力に影響すると言われている。
『マグロ・アジ・カツオ等の魚介類、牛肉・豚肉などのタンパク質』に多く含まれる。

滋養強壮や疲労回復効果があると言われている『山芋やニラ』血行改善として『生姜』なども精力回復・勃起バリバリの為に忘れないでほしい。

筆者的に意外なのはアボカド。女子が好むイメージが強いが、ビタミンEを多く含み、生殖機能の改善や精力アップに効果があると言われている。
アボカド大好き女子と一緒にアボカドを食べに行き、そのまま女子まで美味しくいただくのもありだろう。

なんにせよストレスは大敵

色々食べ物に気を付けていても、ストレスを多大に溜めてしまっては効果も激減してしまう。
ビタミンB群にはストレス軽減やリラックス効果、集中力を高める効果もあるといわれているので、積極的に取って貰いたい。
が。ビタミンBの種類もそれを多く含む食べ物もたくさんあるのでここでは割愛させていただく。

ストレス発散方法は人それぞれだろう。緊張状態や気が散っている状態が続けば、身体は健康でも勃起に影響したりもする。

ギラギラして困っている人は風俗に行くも良し。
肉体疲労にはマッサージも良し。
勃つか不安な人は性感マッサージでほぐしてもらうもよし。
お酒がストレス発散な人は、つまみにナッツ類や枝豆を用意し、魚貝をメインの食事にしてみると良い。

すっきりしたりほんわかしてきたら、あとはぐっすり寝る!
睡眠の質も、健康はもとより精力や男性機能に多大な影響を与えるので大切だ。

ちなみに筆者のストレス発散法は、腰と背中をしっかりマッサージしてもらって(あわよくばヌいてもらって)すぐに寝るのが1番だ。

FX初心者