男のプライドもしおしおに。中折れとは?/EDの悩み・ストレス解消術

性欲はあるのにセックス中に中折れしてしまい大ショック!という悩みを解消!

男のプライドもしおしおに。中折れとは?

EDのはじまり・・・男にとって辛い中折れ

「今日はエッチな事をする日だ」とナイムネとムスコを期待に膨らませながら、女性に飛びかかるも「あ・・・れ・・・?萎えていく・・・」となるのが中折れだ。

リラックスモードに入ってしまったムスコを叱咤激励するも復活せず、気まずい時間が流れる空間に男のプライドが根元からぱっきり折れてしまいそうになる男は少なくないだろう。

特に、素人の女性は中折れが男のプライドに関わるなんて思っていないため、「えっ、萎えちゃったの?なんで?」と不機嫌な態度で聞かれるかもしれない。これはは女性は嘲笑ったり馬鹿にする気持ちではない。むしろ「自分が魅力的でなかったのだろうか?もしくは他で満足してきたとか・・・?」と気にしているが故のようだが、現在進行形で自信喪失している最中の男にとっては「なんで私を満足させてくれなかったの?この役立たず!」と言われているように聞こえるものである。

その為に、すぐに対処すれば中折れしなくなるかもしれないものを、プライドがこれ以上ずたずたに傷つくのを恐れるあまり、何もせずにいてしまう。そして、身体原因の中折れから、心因性の中折れへとなり、中折れ常習犯となってしまい、ついには完璧な勃起不全マンになってしまうのである。

中折れはEDの初期症状であるからして酷くなる前に、しっかり自分の身体とむきあって治していかなければならない。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

中折れの原因とは?

ざっくりわけると、身体的な原因・精神的な原因・生活習慣が原因・相手側の問題、の4つである。

身体的な原因
結論から言うと血流の問題である。加齢による男性ホルモンの減少・血液の循環に関する病気・アルコール・喫煙など、これらは血流を悪くしたり、勃起を維持するホルモンを放出させない事に一役買っているどころか八面六臂の大活躍をしている状態である。勃起したくなければ改善はしなくて良いのだが・・・。

精神的な原因
これは一度目の中折れが起こった際に、女性の言動・男としてのプライドを気にするがあまり、次のセックスがプレッシャーになる事が原因である。また、仕事面や人付き合い面で強いストレスがかかっている場合にも、ついつい嫌な事を考えてしまってセックスどころではないという事も原因である。

生活習慣が原因
身体的な理由と被ることもあるが、血流を悪くする生活習慣をしていないだろうか?電車通勤→デスクワーク→電車退勤→晩酌、休みの日は朝からカシュッとビールをあけながら家で映画でも見ながらゴロゴロ・・・こんなの中折れして当然である。

相手側の問題
他人を変えるというのが大変難しい事であるというのを前提であるが、確実にセックスパートナーが原因である事もある。要するに刺激が良くないので興奮できないのだろう。激太りしてしまった・やる気のない体つきや態度・戦闘力が低そうな下着・体臭や口臭・・・、一つ気になるとつい興奮がそがれてしまうものである。また夫婦間で子供が欲しい気持ちに差がある場合にも男性側のEDの原因となるようだ。

これ以上EDの進行を防ぐために。中折れを解消するには?

まずは取り組みやすい、生活習慣を改善してみよう。運動をしてみる・マッサージをしてみる・テキトーオナニーをやめるの3本に加え、アルコールやタバコとの付き合い方を今一度考えてみよう。

次に身体的な原因。病院は何かはっきり病気になったら行くところと思っていないだろうか?そうなってからでは遅い場面は多々ある。「何か調子が優れないな」の時点で、病院に行き、医者に改善方法を聞く、弱い薬で治る段階であればさっさと処方してもらい治すという、早期発見・早期治療を心がけよう。半年に一回くらい健康診断を受けるのが一番良いだろう。どうしてもすぐにセックスしたい気持ちがある場合は、バイアグラを処方してもらうのも一つの手である。

それと同時並行に精神的な問題にも取り組むのが一番である。男はついつい溜め込んでしまう生き物である。それを止めてみよう。精子が溜まったらオナニーして抜くように、「心の澱が溜まってそうだ」と感じたら抜くのが大事である。
解決できるなら解決し、話せるならパートナーに話し、そうでないなら風俗嬢でも呼んで話せばよいのである。普段関わりない相手だからこそ気軽に話せたりもするだろう。

相手側の問題や、子作りに関する問題は、ナアナアにしたり一方的な会話をしないことが解決の近道であるように思える。つまり、お互いの気持ちを尊重した対話意見のすり合わせが大事になるのだろう。