中折れ!?その時男はどうしたら・・・/EDの悩み・ストレス解消術

中折れしたら男はどうするべき?対応によっては中折れしたのに男の好感度を上げる事まで可能に。

中折れ!?その時男はどうしたら・・・

中折れ、その日は突然やってくる。(かもしれない)

完全なEDではなくても、最近勃ちが悪いな・・・。セックスの時に中折れしたらどうしよう・・・。そういう不安を持っている人もいるだろう。

ある日「あれ?飲みすぎたかな?」「疲れているのかも・・・」という症状に襲われる。
1回くらい出来なくても何とでも言い訳は可能だろう。しかし「次も勃たなかったらどうしよう・・・」と不安に襲われる。
すると精神的な緊張からEDぎみになっていく。 こういう人は珍しくない。

EDには精神的な部分に要因がある事も多い。少なくともEDかも、中折れするかもと女性とのセックスを遠ざけるのはとても勿体ないことである。

もし中折れしてしまったら、女性は男性にどうしてほしいのか。その辺をきっちり理解していれば中折れも怖くない。 EDでも女性に触れる事をあきらめなくて済むのだ。

また対処法を知っておくことで不安が減り、中折れする確率も減るというものだ。 では具体的に男性はどうすべきか、女性がどうしてほしいのかを見ていこう。

中折れしても焦らずエッチは続ける

ピンチの時こそ男の器を見られてしまうってもんだ。

当たり前だが絶対に女性のせいにしたり、女性に奉仕を強いてはいけない。
女だって中折れされたら自分の魅力が足りないのかとショックを受ける事だってある。

挿入中に中折れして、ごめんフェラしてとか口でイカせてなどと言われようものならイラつきと悲しみの感情しか沸かないだろう。
私の膣が悪いって言いたいの?自分だけイケればそれで良いってこと?

これではチンコと器の小ささに愛想をつかされて、次回のセックスはまずないだろう。

そもそも中折れということはまだあなたには勃起力はあるということだ。 焦ったりすると精神的に自分を追いつめて回復不能にしてしまう。

また「今日は無理みたい」とあっさりエッチを止めてしまえば「自分だけが満足すれば良い勝手な男」と思われる。

あれ?と思ったら焦らず事実を受け入れ、女性を満足させればOKと考えをシフトすべきだ。
キスや愛撫をしていくと回復するかもしれないし、回復しなくても女性が気持ち良くイケればOK。手や舌を使ってじっくり女性をイカせよう。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

女性は中折れをどう思う?

女性は男性の中折れを本心ではどう思っているのか。
実は中折れした事実に対してガッカリする女性は少なく、その後の男の行動によって最高!とも最低!ともなるのだ。

まず女性は挿入をそこまで重要視していない。手を繋いで寝る日があっても幸せだし、イチャイチャしているだけで満足する夜だってあるのだ。

先に書いた通り、女性の事を放置してエッチ全てを止めたりフェラなどでイカせてもらうのは論外だ。
かといってフニャチンを必死に腰振られても女は興ざめだ。

中折れしても男に惚れ直す行為とは、潔く挿入は諦め、手や舌で彼女を満足させ、いちゃいちゃする。コレだ。

中折れしない人でも毎回ガンガン挿入せず女だけを攻める日があっても良いし、前戯だけを楽しむ日があっても良いのだ。

射精だけを目的としていないセックスに持ち込むことで女性の満足を得られることになる。 中折れしたのに男としての株を上げる事が可能なのだ。

自分のメンテナンスも忘れずに

挿入のないエッチな行為で女性を満足させる。そうは言っても毎回それでは女性だって大満足☆とはいかないのが本音だ。女にだって性欲はある。

全身愛撫や普段と違うやり方など、女性の体と心の満足に気を配りながらも勃起力を立て直す必要もある。
食生活に気を使い、スクワットなど運動もし、必要であれば病院も受診しよう。

ED治療薬に抵抗がある人もいるかもしれない。
ちょっと喉が痛いなと思った時に薬を飲んでいれば治ったかもしれない風邪を、放置していれば悪化して熱が出たり肺炎などを引き起こす場合だってある。
風邪薬は飲めるのにED薬を飲めないのは何故だろうか。 むしろ今の現状を受け入れ適切に対処していくことこそが大切ではないだろうか。

定期的にするパートナーがいない場合や、逆に同じパートナーばかりという人は、時々風俗を利用して勃起するか試してみよう

命に直結しないから軽く見られがちだが、勃起しなくなるということは何らかの不調が身体に起きたという事。
単純な加齢もあるが、放っておけばいつかED以外の不調が出るかもしれない。 定期的に勃起を確認しようではないか。