短時間の風俗でお手軽性欲解消!/風俗の悩み・ストレス解消術

風俗といえば時間と金が掛かる、そう思ってない?風俗の選び方や遊び方の常識がちょっぴり変わる、短時間風俗についてご紹介。

短時間の風俗でお手軽性欲解消!

短時間だけ遊べる風俗の種類

風俗といえばある程度時間に空きがないと遊べないと思われがちだが、色々ある風俗の中には短時間だけ遊べる風俗がある。それは、ファッションヘルス(箱ヘル)とピンサロだ。

元々この2つは30〜40分の短いコースが基本という、風俗の中でもちょっと変わった業種。他の風俗では60分が基本だが、ヘルスとピンサロで60分を頼む客の割合はとても少ない。

しかし時間が短いと言っても、サービスが適当だったり風俗嬢の質が低いというわけではない。むしろ短時間で満足させてイカせないといけないから、ヘルス嬢やピンサロ嬢はテクニシャンが多いくらいだ。強いて言うなら、一つ一つの動作がちょっと慌ただしいといった感覚だろう。

ファッションヘルスでは、手早くシャワーを浴びて体を洗い、ベッドに移って即プレイに入る。

ヘルスに慣れている客は、全身リップなど時間が掛かったりゆったりしないと気持ちよくないプレイは省いてとお願いしたりする。なのでキス、リップ(一部)、手コキ、フェラという流れになる。

一方で個室がないピンサロでは、シャワーがおしぼりでの拭きになるためプレイ時間は結構取れる。触れ合ったりキスしたりして勃起したら、手コキからのフェラでフィニッシュだ。

他の風俗の60分コースを想像して遊びに行くと忙しなく感じる場面があるかもしれないから、あくまでも「短時間でも遊べる風俗」として乗り込んでほしい。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

風俗で短時間だけ遊ぶメリットとは?

風俗で短時間だけ遊ぶメリットはたくさんある。料金の面でもプレイの面でも良いことづくめと言える。

まず料金の面で驚くべきは、何といってもその安さだろう。風俗といえば1万や2万が軽く飛んでいくイメージがあるが、30分だと数千円で遊べる。ファッションヘルスの場合は30分あたり約5,000〜7,000円だ。ピンサロはもっと安く、約4,000〜6,000円で遊べる。

日々のオナニー代わりに使うことも視野に入れていい料金だ。

次にプレイの面でのメリットは、コミュ力に自信がなくても楽しめることだ。風俗で可愛い女の子に会いたいしいやらしいことしたいし、抜いてスッキリさせてもらいたい。だけど会話が・・・!という男は、短時間コースの出番だ。

ただ会話や間が気まずい、と尻込みしているなら、別にヘルスとピンサロ以外でも選択肢がある。それは風俗エステだ。風俗エステは短時間コースこそないものの、料金が短時間コース並みに安い。そして女の子からの責めや会話が主だから緊張しない。

もちろん会話ではなく時間がない、パパッと済ませたい、気軽に通いたいという理由ならヘルスかピンサロで決まりだ。

30・40・50分あたりのコース料金相場

ファッションヘルスもピンサロも30〜40分が基本のコースだが、一番短く遊ぼうと思ったらピンサロを選ぶべし。上でも述べたが、ピンサロは30分あたり約4,000〜6,000円で遊べる。

風俗は時間が長くなればなるほどその分高くなっていくから、純粋に財布から出ていくお金はピンサロが一番少なくて安いということになる。

ここからプラス10分の40分で遊ぼうと思ったら、ファッションヘルスが登場する。30分コースが用意されているヘルスも少なからずあるのだが、40分コースが最短の店が多い。ヘルスは40分あたり約8,000〜10,000円。店によってギリギリ諭吉に届くか届かないかといったところだ。

そしてショートコースの中では一番時間が長いのが50分コース。ここまで来ると、店さえ探せばこの2つ以外のデリヘルや風俗エステなどでも「お試しコース」という形で遊ぶことができる。

同じ50分あたりの料金で比較してみると、ファッションヘルスは約14,000円、デリヘルは約13,000円、風俗エステは約8,000〜9,000円で、安く済ませたいなら風俗エステの圧倒的勝利だ。

ただしキスやフェラといったヘルスサービスまでできる風俗となるとヘルスかデリヘルになって少し予算が上がる。個人的には、短い時間を希望するなら思い切って30分を選ぶほうが良いような気がする。