体毛を薄くする食べ物とは/体毛薄毛の悩み・ストレス解消術

胸毛が濃い、腕毛が濃い、ヒゲが濃い・・・。男らしさも行き過ぎればただの悩み。自分で体毛をコントロールする方法とは?

体毛を薄くする食べ物とは

体毛を濃くしている原因は?

体毛の濃さに悩んでいるなら、まずなぜ、何をすると体毛が濃くなりやすいのかを知る必要がある。体毛は遺伝もあるらしいが、両親が薄くても隔世遺伝で濃くなっていることもある。なので遺伝の話はとりあえず置いておこう。

体毛が濃くなるそもそもの原因は、男性ホルモンだ。男性はもちろん女性の体内にも存在するこの男性ホルモンは、全ホルモン中の割合が多ければ多いほど毛深くなりやすい。

女性は男性ホルモンよりも女性ホルモンの割合が勝っているから、男ほどひげは生えないし胸毛もない。同じ男性でも男性ホルモンを多く保有していればいるほど、ヒゲが濃かったり胸毛が溢れるほど生えたりする。

男らしさといえばそうだが、体毛に抵抗がある女性が多い日本ではコンプレックスの一つにもなりやすい。男だから男性ホルモンが多いのは仕方ないとしても、男性ホルモンはただ体毛を濃くするだけでなく、薄毛などの全く逆の悩みにも繋がる。

男の悩み全てに関わっているといえる男性ホルモン。果たして体内のことを自分でコントロールすることなんてできるのだろうか?

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

体毛を濃くする・薄くする食べ物

ホルモンは体内で作られるものだからどうにもならない、というのは間違い。確かに言って見れば体質を変えるということなので、簡単なことではない。

だけど体内の環境はどうやって保たれているかというと、自分が食べたもの。実は体毛を薄くする食べ物というのがあるのだ。

体毛で悩んでいる人ならもう調べて知っているかもしれないが、「大豆製品」は体毛を薄くする効果がある。豆腐や豆乳、納豆などだ。大豆には女性ホルモンによく似た働きをする成分が豊富にあり、この成分は男性ホルモンの働きを抑えてくれる。

物理的に女性ホルモンを増やし、男性ホルモンの割合を減らしてあげるのだ。

反対に体毛が濃くなりやすい食べ物は肉類やニンニク、ニラなど滋養強壮の食材。要するに男性的に元気になれるような刺激のあるものは男性ホルモンの働きを高めるとされている。

大豆製品を積極的に取るのもいいし、肉類やニンニクなどを減らすという方法でもいい。毎日無理せず続けられる方法を自分で編み出そう。

男性ホルモンを減らしすぎるのも良くない

大豆食べればいい肉を減らせばいいと解決策はあるものの、何事も極端にしてしまうとどこかに不具合が生じる。要は薬と同じで、用法用量を守り副作用のことも気をつけながら慎重に行うべきことなのだ。

毛を薄くしたいと大豆製品ばかり異常なほどに食べていると、男性の悩みは和らげてくれるかもしれないが、反対に女性ホルモンが悪く作用してくる。女性ホルモンが多い女性ならではの悩みを、男性が体験するはめになるのだ。

例えば内臓脂肪が付きやすくなって太ったり、更年期障害のような症状が出たりと、男性ホルモンがしっかりあればならなかった嫌な変化が現れてしまう。ただ、やはり体毛が濃くて悩んでいる男性なのだから人よりも男性ホルモンが多すぎることは確かだ。

毎日3食豆腐と豆乳だけ、なんて極端なことをするのではなく、朝に豆腐入りの味噌汁を飲み、夜に冷奴や湯豆腐を食べるというくらいでいいだろう。量より継続、を覚えておこう。