正しいシャンプーで薄毛を予防!/体毛薄毛の悩み・ストレス解消術

薄毛・ハゲに悩んでいるのに今までこれといった改善方法が見つからなかった男へ。今日から新しいハゲ防止術を実践してみよう!

正しいシャンプーで薄毛を予防!

薄毛対策は正しいシャンプーを!

薄毛に良い食べ物・悪い食べ物がある。睡眠不足は薄毛の敵。ストレスをためないように。生活習慣を見直そう。髪に良いシャンプーを使う。
どれも薄毛対策として正しい事です。

毎日ではないけどそこそこ睡眠時間を確保してるよ。食事もそれなりに気を付けてる。高い薄毛用のシャンプーは買ったよ!
それでも薄毛が進行している、又は中々睡眠や食事に気を使えてない・・・。

良いとわかっていても出来なかったり、成果が中々出ないということは往々にしてある。そんな時は自分のシャンプーの仕方を見直して欲しい

シャンプーは毎日するものだ。これが間違ったやり方をしていると、毎日髪や頭皮を虐めている事になる。それではハゲまっしぐらだ。

それなのに正しいシャンプーをしている人は極わずか。方法を知らない人すら多い。

健康も1日にしてならず。大病を患ってからでは手遅れかもしれないし、治るのに時間とお金がかかるかもしれない。
そして頭皮の健康も1日にしてならず。少しでも早いうちにハゲの進行を妨げようではないか。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

風俗コラムでエッチな暇つぶし♪↓

オトナclub 〜男女のエッチな本音コラム〜

正しいシャンプーの仕方

@髪をブラッシングする
髪は男性であっても最低20回はブラッシングするのが髪に良いとされている。
1日の埃を落とし、髪の絡みをとって皮脂などを浮かせるのが目的だ。

Aまずはぬるま湯だけで洗う
いきなりシャンプーをつけるのではなく、じっくりしっかり髪と濡らしていき、マッサージをするように指の腹で頭皮を洗っていく。
短くとも3分以上はしてほしい。上手く出来ていれば、汚れの8割はこれで落ちているのだ。
そしてじっくりやることで毛穴が開き、汚れが落ちやすくなる。
ここは大事なポイントなのだが、どうしても面倒な人は、せめて湯船に数分浸かって毛穴を開かせてからシャンプーするようにしよう。

Bシャンプーは手のひらで泡立ててから髪につける
いきなりシャンプーを髪につける人がいる。これは髪や頭皮に負担をかける。必ず手のひらで泡立ててから髪や頭皮になじませていこう。

C指の腹で頭皮を揉み洗いする
シャンプーって髪を洗っているイメージがある人がいるが、大切なのは頭皮を洗う事だ。
強く爪で擦っては頭皮を傷つけてしまうので、指の腹でマッサージをするようにじっくり洗っていこう。
ついでにマッサージも出来て頭皮にも優しいぞ。
出来る事なら5分くらいはかけて、隅々までゆっくりじっくり泡で包み込むように洗っていくのが良い。

Dしっかりすすぐ
すすぎ残しは薄毛の大敵だ。シャンプーにかけた以上の時間をかけてじっくり流そう。
耳の後ろや生え際などはすすぎ残しの多い場所である。丁寧に流すのだ。

正しい髪の乾かし方

ここまでしっかりシャンプーをしたのに、仕上げが雑では台無しだ。
男性はタオルドライしてそのまま自然乾燥という人も多いだろうが、これは良くない。

濡れている時間が長いと雑菌が繁殖するので、必ずドライヤーで乾かそう。
この乾かし方にも正しい手順がある。

@タオルドライは優しく
強くゴシゴシすると切れ毛の原因にもなる。髪を包み込むように優しく、でもしっかり水分を拭き取ろう。

Aドライヤーをかけるのは数分置いてから
濡れてキューティクルと呼ばれる髪の表面が開いてる状態では、ドライヤーの熱は髪を傷めてしまう。
数分置いてキューティクルが閉じてからにするか、すぐにドライヤーをしたい時は、最初に冷風をあてて熱をとってから乾かし始めると良い。

B根元から乾かす
ドライヤーをかける時のポイントは根元から。表面だけ乾かしても髪の根元が渇いてなかったら、雑菌が繁殖し皮膚トラブルや臭いの原因になる。
この時くしを使わないように。濡れてる髪にくしを使うと髪を傷めて切れ毛の原因になる。また、毛穴が開いてる状態で髪を強く引っ張るのも抜け毛の原因になる。
手で髪をかきわけるようにし、髪から20cm以上離してこまめに動かしながら、根元から風をあてていく。
ついでに逆毛を立てるように根元から乾かすと、髪が立ちボリュームが出た仕上がりとなる。

C冷風で仕上げる
髪や頭皮に熱が籠ったままでは汗や皮脂で毛穴を詰まらせるかもしれない。髪も熱を与えっぱなしでは良くない。
最後に冷風でシメるのが髪を乾かす時のポイントだ。

朝シャンやリンスは必要?

毛穴の汚れが良くないという理由や、加齢臭を気にして朝シャンをしている男性もいる。これは全くの逆効果だ。
夜寝ている間に分泌された皮脂は、紫外線から頭皮を守る役割をしてくれる。洗い過ぎは乾燥して抜け毛の原因にもなる。

夜寝る前にシャンプーをせず朝に洗うというのももちろん良くない。汚れが貯まった状態で寝るのは毛穴を詰まらせ、抜け毛を促進させるのだ。

では細くなった髪への対策としてリンスやトリートメント、コンディショナーは必要あるのか。 リンス類は、短髪の場合基本的に必要ない。しかし、絡まりやすい人や髪のツヤがなくて老けるのが嫌な人は使いたい所だろう。

絶対に使うのが良くないとは言わない。しかし、注意は必要だ。リンス類はシャンプーよりも流れにくく、頭皮につくと完全に流すのが大変だ。
頭皮に着いたままだと毛穴を塞ぎ、抜け毛の原因になりうるのだ。

使用したい場合は、出来る限り髪の毛だけにつけて、しっかりすすぎをしよう。