男のデリケートゾーンの毛、どうしてる?/体毛薄毛の悩み・ストレス解消術

日本ではあまり男性のムダ毛処理が当たり前化はしていない。しかし実は悩んでいる男性も多いはず。特に股間からお尻の毛、みんなはどうしてる!?

男のデリケートゾーンの毛、どうしてる?

デリケートゾーンの毛事情

日本の男性はデリケートゾーンの毛のお手入れをしている人の方が少ないのが現状だ。
海外ではお手入れをしていない方が変態扱いされる地域もあるというのに、無法地帯になっている男のおおいこと。

単純に毛は少ない方が清潔にしやすい。毛が多ければ多い程蒸れるし雑菌や臭いを発生しやすい。
お尻の毛が多ければうんこがつくし、それはトイレットペーパーで拭くだけでは完全に取り去る事は難しい。

特に裸で踊ったわけでもないのに何故こんな所に!?とあらゆる場所に落ちている陰毛にビビる事もある。

女性の前で恥ずかしいという思いを持っている人もいるかもしれないし、女性もはっきり言って愛撫がしにくいと感じている。
特にフェラチオしてたら毛が口に入ったというのは内心最悪だ。雰囲気を壊さない為にどうにか女性が頑張ってくれているが、あまりに無頓着で気遣いがないとある日突然もうフェラしたくない!と拒否られるかもしれない。

年齢を重ねれば白髪になっていく。まばらグレーな陰毛たちはよりおっさんを強調してしまう。

ツルツルはそれはそれで恥ずかしいかもしれないが、無法地帯にしておいて特な事は特にないのだ。

デリケートゾーン毛の部位名称

一般的に女性のデリケートゾーン無駄毛処理の範囲を「VIO」と呼ぶ。これは男性も同じだ。

Vラインとは腰骨からペニスの付け根らへんまでの△ゾーンを指し、ビキニラインとも呼ばれている。
ペニスの上、女性で言う土手の部分は逆三角形や台形など形のデザインもある。
海外では無毛にするする人も多いが、日本では形や毛量を減らすなどして整える人が多い。

Iラインとはペニスや金玉とその周りらへんの部分を指す。
ボクサーパンツが流行った時にここを処理する人も増えたのだろう。パンツからはみ出たりしやすい場所だ。ここの毛が多いと深いフェラや玉舐めはものすごくやりにくい。ツルツルにする人も多い。

Oラインとは肛門周りに生えている毛だ。
自分で見えないし、アナルに興味のない人は気にしたこともないという人も少なくない。
だが排泄物がでるところだから最も清潔に気を使うべき場所ではないだろうか。

おそらくOラインが最も自分での自己処理がしにくく、何なら状況把握すら出来ていない人が多いのではないだろうか。
まずは自分のデリケートゾーンの毛がどのような状態にあるのかを把握してみてほしい。

男だって女性のアンダーヘアがボーボー過ぎたりアナル周りがボーボーだとちょっとひるんでしまうのではないか。

それは女性も同じだということを覚えておいてほしい。特に女性はそこら辺に気を使えない男はそこら辺を清潔にしていないのではないかという不安を感じる。
風俗や彼女にしっかりオーラルセックスをお願いしたいのであれば、色々な意味で障害でしかないのだ。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

風俗エステで見てもらうのも1つの手

鏡を見てみたり、彼女がいれば見てもらうのも1つの手だろう。ただ、彼女に対してペニスや睾丸は見せれてもアナルをかっぴらいて見てもらうのはちょっと抵抗がある人も多いのではないだろうか。

そんな時はいっそ風俗エステで見てもらうのはどうだろうか。
あえて他の風俗でなくエステと言ったのは、風俗エステにはアナルメニューがあるところも多いからだ。
前立腺マッサージや睾丸マッサージ、鼠径部マッサージなどデリケートゾーンをあけっぴろげに見せる機会が多い。

どれくらいの男性が処理していてどれくらいの毛量にしている人が多いのか、また嬢によってはどうやってお手入れをしている人が多いのかも知っているかもしれない。

まずは自分の毛量や毛質を知り、どのように対策をするか、そもそも対策が必要なのかなどを考える必要がある。

実は自分で鏡を見ながらの自己処理はかなり危険なのでおススメしかねる。 自己処理の方法はまた次回に詳しく解説しよう。