ついでにモテたい!メタボ解消に筋肉トレーニング/メタボの悩み・ストレス解消術

筋トレで代謝アップをはかって健康的に痩せよう。具体的な筋トレ方法とモチベを保つ術

ついでにモテたい!メタボ解消に筋肉トレーニング

筋トレはメタボ解消も出来るし、女の子と仲良くなれる

最近筋肉トレーニングを続けている。筋トレは楽しいし、気持ちが良い。しかも、痩せる上に飲み会で女の子に「すごーい胸筋!気持ち悪ーい(笑)!」と笑ってもらえるナイスボディになってきた。

エステなどに行くと「お兄さんかっこいい〜こんないい身体の人中々いないですよ〜」というお世辞までもらえるようになった。以前は「凝ってますねー」しか言われなかったのに、だ。特に筋肉フェチの子がいるとかなり念入りに触ってもらえるが、時々駄目だしされるので注意が必要である。

筋トレの必要性を時々説いてきたが、自分がやってみてこんなにいいものだとは思わなかったので、紹介したいと思う。メタボに悩んでいる中年〜中年予備軍には是非取り組んでもらいたいものである。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

費用をかけなくてもこれだけできる自重トレーニング

「鍛える」という言葉についついジムにいってトレーナーに指導してもらいながら、ガツガツやるというイメージが付いてくるが、実は筋トレは自宅でも充分な効果を出す事が出来るのだ。ここでは自宅で出来る筋トレについて、簡単に紹介していく。

まずは腹筋だ。筋トレ業界ではクランチと言うようだ。自宅で腹筋を鍛える場合は、椅子の上に脚をのせてゆっくり時間をかけて行う。3秒かけて上半身を起こし3秒かけてゆっくり元の姿勢に戻す。くらいが初めての場合丁度いいかもしれない。反動を利用せずに純粋な筋肉の力のみで行うイメージでやると良いだろう。最終的に1セット20回できるようになるのを目標にやると良い。
因みに費用をかけてもOKなタイプは腹筋ローラーを買おう。かなりキツい。

次に腕立て伏せだ。大胸筋や肩周りの筋肉を鍛える事が出来る。というものの筋トレを始めたばかりの頃は体を支えるので精一杯で腹筋にまでクるので、腕立て伏せがまともに出来るようになる頃にはちゃっかり腹筋も鍛えられている。男性では少ないだろうが、普通の腕立て伏せがまともに出来ない場合は、まず膝付き腕立て伏せ壁腕立て伏せを行うと良いだろう。
費用をかけても良い場合は、懸垂器具を買おう。ドアに取り付けられるタイプが便利である。肩こり解消にもいい。

3つ目にスクワットだ。太ももや尻の筋肉を鍛える事ができる。下半身の筋肉は、上半身よりも多い為、メタボ対策のダイエットにもぴったりなのだ。場所もとらず、立ったりしゃがんだりするだけで出来る為、費用対効果抜群の筋トレと言えるだろう。注意点としては膝を痛めないようにすることである。仕事の合間の空いた時間にやるのが一番続くのでオススメである。

筋トレを続けるモチベーション

筋トレで一番難しいのは続ける事である。特に最初の頃はすぐにやめたくなる。毎日やらなくても良いので、週1〜2くらいでのんびり続けていると、ある日急に筋トレが快感になる日がくるので、その日が来るのを目標にして頑張ってほしい。

続かせるためには一番大事なのはまずナルシストになることだ。ナルシストというと聞こえが悪いかもしれないが、決めたメニューをこなした自分を褒める、少し腹筋が固くなった自分を褒める、少し腹回りのぜい肉が減って肩がちょっぴりいかつくなった自分にウットリする、体組成計で増えていく筋肉量を見てニヤつく・・・など、自分を肯定しまくるのだ。

手前味噌で恐縮なのだが、次に続けるモチベーションとして褒めてもらうことである。特に女の子に。可愛い女の子に褒められると俄然やる気がわく。特に風俗では脱ぐから・・・ほら、ね・・・。はじめは薄かった反応が、「あれ?なんかがっしりしましたね。」と言われると、胸にジーンとくるものがある。

そして、ある意味正攻法なのだがジムに行く事だ。大きなジムではなくても、最近雨後の筍のようにボコボコできている街角のマシンジムなんかは、月々1万円もかからず通うことが出来る。やはり専門の器具があるとやる気が出るし、効率的な筋トレが行いやすい。また。ジムの人も筋トレに詳しいので、分からない事があったら質問出来るのも良いだろう。

最後に、やはり筋トレを続けるモチベーションとして、現在一番有効なのは「健康になった。」という実感である。痩せて筋肉がついた方が体が軽くなり、毎日が楽に過ごせるようになる。食べる時に「食事制限をしなければ」と悩む事もなくなったので、是非メタボに悩んでいる諸兄には筋トレをしてもらいたいと思う。