内臓脂肪を減らしてメタボ解消!/メタボの悩み・ストレス解消術

メタボだけじゃない!細い人も実はある!?内臓脂肪は健康被害をもたらす

内臓脂肪を減らしてメタボ解消!

内臓脂肪とは?皮下脂肪と違う?

内臓脂肪とは、胃腸や肝臓、腎臓などの内臓につく脂肪の事だ。内臓は腹部に集中している為、内臓脂肪が多いとお腹が大きく出てくる。この為メタボの人は内臓脂肪が多い傾向にある。

だが、皮下脂肪のように掴むことはできず身体の奥にあるので、細い人でも実は内臓脂肪が多い・・・という事も十分にあり得る

男性ホルモンが内臓脂肪を増加させる働きがあると言われており、男性に多い事が分かっている。そして健康を害するリスクが高い

逆に皮下脂肪は女性に多く、皮膚の下につくため、掴めるし実は健康害するリスクは低い。

とはいえ、太っている人は女性も男性も内臓脂肪も多い傾向にあるので、掴める皮下脂肪だからと安心してはいけない。

今は内臓脂肪を測れる体重計が販売されている。男性も女性も太っている人も痩せている人も、自分の内臓脂肪がどれくらいか把握しておいて損はない。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

内臓脂肪を放置で高まるリスク

内臓脂肪から分泌されるアディポサイトカイン というたんぱく質がある。通常であればインスリンの働きを補う善玉アディポサイトカインが分泌されるのだが、内臓脂肪が蓄積され脂肪細胞が肥大化すると脂肪の機能異常が起こる。

これにより悪玉アディポサイトカインが分泌されるようになってしまう。この悪玉アディポサイトカインが生活習慣病を引き起こす原因となる。

具体的には 動脈硬化・糖尿病・高血圧・心筋梗塞・脳卒中など。 内臓脂肪型の肥満を放っておくと命の危険のある病気になるリスクがあがってしまうということだ。

見た目にカッコよく細マッチョがモテるだろうが、それ以前に健康に生活する為には内臓脂肪を減らすことが大切なのだ。

内臓脂肪を減らしたい

内臓脂肪がつく原因は食べ過ぎや脂質や糖質の多い物を好んで食べるなど、食生活によって蓄積されていくことが分かっている。余分なエネルギーを取ることで、すぐに内臓脂肪として溜めこまれてしまうのだ。

しかし、実は内臓脂肪は皮下脂肪よりも減らしやすい事もわかっている。
内臓脂肪によるエネルギーが使われてから皮下脂肪が消費されるからだ。この為皮下脂肪は落としづらいと言われている。

エネルギーになりやすいということは、そもそも余分なエネルギーを取り込まなければ減っていくということだ。

脂質や糖質の多い食べ物を無くすだけでもかなり改善がみられるだろう。
内臓脂肪を減らすには、まず食生活の見直しからだ。

しかし、それだけでは筋肉量も減ってしまう。筋肉量が減れば、痩せにくい体質になる。運動も同時に行うことで、より早く内臓脂肪を減らすことが可能となる。

内臓脂肪に有効な運動は、筋トレのような激しい運動よりも、20〜30分続けられる軽い有酸素運動が効果的だ。
具体的にはウォーキングやジョギング、サイクリング等だ。
水泳や水中歩行なら足腰に負担をかけられない人にもお勧めの有酸素運動だ。

運動と思うと続かない人が多いだろうが、内臓脂肪の減少には継続がキーワードとなる。通勤中に歩く時間を増やしたり、エレベーターより階段を選ぶなど、日々の中に取り入れる事で継続が容易くなりやすい。

余裕があれば筋トレも取り入れたい。この時、ゆっくりとした動作で筋トレを行う事で、体への負担も少なく脂肪燃焼も効率的に行える。

あれもこれもとなると出来ないので、まずは食生活の改善。
と、可能であれば軽い有酸素運動を日常生活に取り入れる事だ。

継続出来れば改善がみられると思うので、1つでも続けて行ってほしい。

食事の量を極端に減らすのは良くない

摂取エネルギーを減らすといっても、食事の量を極端に減らすのは良くない
もちろん食べ過ぎも良くないが、腹9分で3食規則正しく取ることが理想である。

脂肪を減らすためには筋肉は必要不可欠だ。この筋肉を増やすのに、良質なたんぱく質が必要となる。

また、飢餓状態になることで体がエネルギーを蓄えようとしてしまうので、3食バランスよく食べる事が大切なのだ。

アルコールの量は出来るだけ減らし、野菜を多めにしつつ、肉は油の少ない部位を食べるようにしたい。また、青魚も中性脂肪を下げ、蓄積防止作用が期待できる。

肉は脂肪が少ない物と言ったが、実は豚肉は脂肪を燃やす効果やそれに必要なビタミンが含まれている為、積極的に取った方が良い食材の1つである。なるべく脂肪の多い所は避けて食べると尚良い。

食物繊維も豊富なキャベツやリコピンの多いトマトももちろんだが、この辺りは身体に良い食べ物や摂取しやすい食材だろう。

ちょっと意外なのがオレンジだ。オレンジにはイシトールという成分がふくまれており、これが内臓脂肪を洗い流す効果があると言われている。

男性は積極的に果物を取る人が少ないように思えるが、オレンジであればジュースにするなどで手軽に摂れるので、是非取り入れて欲しい。