自分に合った包茎別悩み解消法/性器・性病の悩み・ストレス解消術

日本人の多くは何かしらの包茎だと言われている。自分のアソコはこのままでもいい?それとも何か治療が必要?

自分に合った包茎別悩み解消法

どの包茎だと治療が必要?

まず包茎は大きく分けて3種類。仮性包茎、カントン包茎、真性包茎だ。

仮性包茎とは正常時には手で簡単に剥け、勃起すれば自然と伸びてすっきり剥けるタイプの包茎。一般的には一番悩みが少なく治療も必要ない場合がほとんどだ。

次にカントン包茎とは正常時はかろうじて剥けるが、勃起してデカくなると出口が狭いため剥けても亀頭を絞める形になるタイプの包茎。

そして最後の真性包茎とは、カントン以上に出口が狭く正常時も勃起時も皮が被ったままというタイプの包茎だ。仮性包茎は自身が過剰に気にしない限りは治療の必要がない

カントンも出口が比較的広く仮性包茎に近い場合は問題なしだ。問題は中度〜重度のカントン包茎から真性包茎までだ。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

治療したほうがいい理由

よく包茎はタートルネックで例えられるが、仮性が普通に脱ぎ着できる様子に対し、カントン包茎になると首元が狭すぎて頭を出すのがやっとになる。

おまけに首元が狭すぎると、やっと頭が通っても首が締まってしまう。これを包茎の話に戻すと、剥いても亀頭の下のくびれでぎゅっと締まってしまい、結果亀頭が血流不足になって腫れてしまう恐れがあるのだ。

そして真性包茎だが、真性包茎はほぼ100%治療の必要があると言える。ペニスと皮の間に恥垢というカスが溜まって炎症を起こしたり、皮に余裕がないため勃起時に激痛を伴ったりと、日常的にストレスが溜まってしまうからだ。

体に影響のある包茎は、治療したり時には手術になることもあるが、勇気を出してやってしまったほうがメリットはデカイ。アソコが綺麗になり、衛生面でも見た目でも自信が出るし、今まで早漏や遅漏などで悩んでいたものも一気に解消できる可能性もあるし、良いことずくめだ。

自分で包茎を改善してみよう

カントン包茎や真性包茎は、今すぐどうにかなるものではない。手術も簡単に決断できるものではないし、できるだけ自分でどうにかしてみたい、という男が多いのではないだろうか。

体に影響のある包茎の特徴として、タートルネックの首元、いわゆる包皮口というところが小さいというのが挙げられる。

簡単に言ってしまえば、この包皮口が広がればカントン包茎は仮性包茎へ、真性包茎はカントン包茎へと改善することができ、今の状態から脱することができるというわけだ。

拡げるための専用の道具なんてのもあるし、自分でやるのに不安があるなら病院でもセルフでもなく、性のプロである回春エステ嬢にお願いしてみても良いだろう。

包茎改善の知識は持っていなくても、包茎の状態でどうサービスするかを知っているエステ嬢なら、結果は客の自己責任だがちょっとずつ優しく剥いたりと協力してくれるだろう。