性病にかかりたくない!どうすれば?/性器・性病の悩み・ストレス解消術

最高に気持ち良くなりたい気持ちの対極にあるのが、性病にかかりたくない気持ち。性病ってそもそもどういう病気?

性病にかかりたくない!どうすれば?

性病ってそんなに怖いの?

最近股間周辺に違和感が・・・なんてことはないだろうか?もし思い当たる事があるなら、泌尿器科に急いでいった方がいいだろう。STD(性病/性感染症)という感染症にかかっている可能性がある。STD(以下性病)は主に性行為によって感染する病気だ。

通常のセックスはもちろん・アナルセックスや、フェラチオなどのオーラルセックスでも感染する。感染している人の精液・膣分泌物・血液などが、粘膜や皮膚などに接触する事で感染するものだ。

性病が自然発生することはなく、一部の例外をのぞいて感染することによって羅漢するものである。例外としてはカンジダなどは元々人の体内にある事が多く、体調を崩したりストレスなどで症状が引き起こされる。症状が出ている時に性行為を行えば勿論感染するものである為、症状が出ている場合は性行為を避ける必要がある。

性病は自覚症状が出にくいものも多く、その結果性病を放置することになりやすい。また、男女共に性病が不妊症の原因となる上に、妊娠時に感染している場合流産や早産の原因になる。また、それらを免れても出産時子供に感染してしまい様々な病気の原因となってしまい、最悪の場合死に至る原因となってしまう。また、乳幼児には口移しなどによって感染する可能性がある。

といった具合にかかってしまった場合に、いい事が何一つないのがSTD(性病/性感染症)である。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

性病にかかってるかも・・・どうしたら?

何より先に本当に性病にかかっているかを調べよう。性病は性病科で見てもらえる。性病科がどこにあるかわからない場合は【地域の名前+性病科】でGoogleやYahoo!で検索をしよう。
近くにない場合は、男性なら泌尿器科、女性なら産婦人科に行くといいだろう。他には症状が喉に出ている場合は耳鼻咽喉科、皮膚に出ている場合は皮膚科に行くなど、症状に応じて臨機応変に対応する必要がある。

性病と診断されたら、まずは医師の言う通り薬を服用しよう。
まず現代では性病は基本的にきちんと治療していれば完治するものが殆どである為、しっかり治す事に努めよう。感染を放置していると他の病気にかかりやすくなる事もあるので、ここは腰を据えて治そう。
また、セックスはオーラルセックスも含めて禁止だ。
コンドームは性病の感染予防法としては一番確実なものだが、コンドームでは予防できない性病もあるため完全ではない。治るまで性行為はするべきではない。その間は右手が恋人である。

因みに性病で有名なのは梅毒・クラミジア・尖圭コンジローマ・淋病・エイズだろうか。梅毒は昨年(2015)から大流行している病気であり、耳にした事がある方も多いだろう。因みに梅毒は感染者の8割が男性である。
感染すると、性器周辺・喉・皮膚にかゆみ・痛み・しこり・湿疹・膿が出るなどの症状が出てくる。

つい最近コンドームを使わない性行為をした覚えがあり、これらの症状が出てきた場合は行動に移した方がいいだろう。

かからないために

まずはコンドームを使用しよう。
生でやるセックスは我々男性にとってはもう「最高!」の一言以外言う事はないものであるが、そのたった一回の「最高!」ために自分の健康や人生を損なってしまってよいのだろうか。
性病の中には治療し続けていれば症状は出なくはなれど、一生治らないものもある。その為にはコンドームの使用が必要である。完全ではないが粘膜の接触を避ける事ができるため、性病感染予防としては一番確実である。

次に不特定多数の人と性行為を行わない
パートナーは1人に絞ってやる事が大事である。もし不特定多数の人と性行為をしており感染した場合、誰から感染したかを特定するのは非常に難しい。前述したように自覚症状の出にくいものもあるので、性病の相手を回避するのも一苦労だ。ひと晩限りの関係なども男としては心躍るものだ。だが、リスクを考えるとそんな事はしない方がいい。

そして、最終手段として性行為をしない事だ。
誰とも触れ合わなければ感染する事はないのだから、当たり前と言えば当たり前である。

「それは嫌だ!でも、特定のパートナーはいない。でも、女の子とエロい事をしたい。でも、性病は嫌だ・・・。」

と言う時は、ハンドサービスのみの風俗を使えば良いだろう。
粘膜の接触さえなければ大体の性病は避ける事が出来るし、とりあえず安心である。調子にのってオプションなどをつけなければ良いのだ。
安心してヌける。これほど嬉しい事はない。