臭いチンコにさよなら!正しいチンコの洗い方/性器・性病の悩み・ストレス解消術

日本人男性のいったいどれくらいが正しいチンコの洗い方が出来ているのか・・・。

臭いチンコにさよなら!正しいチンコの洗い方

チンコの正しい洗い方

チンコ、毎日洗っていますか?この問いにほとんどの人がYESと答えるだろう。
しかし、チンコの正しい洗い方など学校では教えてくれないし、そんな議論を交わす事は稀だろう。
そこで改めて正しいチンコの洗い方をお教えしよう。

まず、チンコはタオルやスポンジは使わず手で洗う事。
皮膚が薄くデリケートな場所であるので、ゴシゴシと擦ると傷がついて菌が繁殖してしまう恐れがあるのだ。

そして石鹸をしっかり泡立てること。
泡で包み込むように優しく、でもしっかりと洗うのがポイントなのだ。

すすぎもしっかりと行う事。
男は石鹸でパパッと洗ってさっとシャワーで流して「ちゃんと洗った」という気になっている。

ここまでを踏まえて具体的な洗い方に移ろう。

ペニスはもちろん皮を剥いて洗う事。
亀頭部分と包皮の間に小便や汗、精液がたまって菌が繁殖して臭くなるのだ。
無理をすると傷つける恐れもあるので、剥くのが自分の限界まででOKだ。

皺皺の部分は末端から睾丸に向けて洗うと洗いやすい。
先っぽを伸ばしながら表、裏、先っぽから睾丸にかけてを洗う。皺は垢が溜まりやすいので余っている皮も伸ばして洗おう。

睾丸を洗うのも忘れないでほしい。
皺を伸ばしながら丁寧に洗おう。お尻の方から撫で上げるように洗うと洗いやすいかもしれないぞ。

陰毛も丁寧に洗おう。体と同時にさっとではなく、髪を洗うように泡立てて。
陰毛もきちんと気を使っている人は結構少ないのだ。

チンコを洗う時の注意点

先ほども書いたが、ペニスや陰毛部分は皮膚が薄い。
正しい洗い方をしても、きちんと泡立てて優しく洗っていても、通常の石鹸やボディソープでは刺激が強すぎて炎症の原因になることもありえるのだ。

最低でもアルカリ性ではなく 弱酸性のボディソープを使用するべきだろう。
普通の石鹸はアルカリ性だ。弱酸性であれば、それをウリにしているので弱酸性との表記があるのでわかりやすいだろう。

今は デリケートゾーン用の石鹸も販売されている。性器の形をしたユニークな物もあるらしいからネットで探してみるのも面白いかもしれない。

弱酸性のソープを使い、きっちり泡立てて皮を剥いて伸ばして丁寧に洗いあげた。 ここで安心しきってはいけない。

きっちり拭いておかないと蒸れて洗ったのが台無しになってしまう。
かといってゴシゴシふいてはデリケートな場所なので良くない。

じっくり水分を取るように、 タオルで優しく包み込んで水分を取ろう
チンコが臭い!臭いの原因と怖いデメリットとは」でも説明しているが、下着も通気性の良いものを着用し、汚れていない気がしても毎日変えよう。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

精子は拭いただけでは取れない!?

最後にオナニーやセックス後によくある状況について書いておこう。
たいていの場合、射精をしたらティッシュで拭き取って終わり、ではないだろうか。

実は 精子というのはティッシュで拭いただけでは完全に取り去る事は出来ない
本来ならシャワーを浴びて正しいチンコの洗い方をするのが理想的だ。

チンコを汚れたままにしておくと、自分だけでなくパートナーの性感染症リスクもあげてしまう。子宮頸がんの原因にもなり得るのだ。

しかし、そう毎回シャワーを浴びるわけにもいかない事もあるだろう。 そういう時はウエットティッシュの出番だ。

今は デリケートゾーン用のウエットティッシュが売られている。
もちろん普通のウエットティッシュでは刺激が強すぎるので、デリケートゾーン用を使用しよう。

すぐに手に入れるのが難しい場合は 赤ちゃんのお尻拭きでも代用できる
赤ちゃんの肌で股やお尻を拭いても問題ない商品なので、性器を拭いてももちろん問題ない。
夏場に汗をかいた時に拭くことも出来るので、手元に置いておくと重宝する。

ついついフェラをしたくなるようなチンコを目指して日々精進してほしい。