風俗エステでセーフティーな快感を!/性器・性病の悩み・ストレス解消術

まだまだマイナーな風俗エステ。しかし実は最も安全、かつ満足度もピカイチ?!

風俗エステでセーフティーな快感を!

風俗での性病

何回も風俗に行く人は経験しているかもしれないが、風俗へ行くということは気持ちよくなることが出来る反面、性病などのリスクが付きまとうということでもある。

そして一度性病にかかってしまったら行きたいけど風俗へ行くのをためらってしまう。そういう話を聞くことがよくある。いくらこちらが気を付けていても性病にかかるリスクは0ではないし、衛生面で安心できるといえないお店も少なからずある。

梅毒まではさすがにあまり見ないが、淋病や、クラミジアなどはよく聞く病気だ。これらはピンサロ、特に回転式のお店でなる確率が比較的高い

ピンサロはヘルスやソープと違ってシャワーで体を洗ったりせず、ソファに座っている男性に対し、女性が手や口でサービスする。消毒はするものの十分とは言えず、さっとやってさっと帰るのが一般スタイルだ。それに加え、回転式の場合、終わった後に違う女性が来て男性器を拭き手や口でサービスする。

逆の立場を考えると分かりやすい。サービスを終えた女性は控室で口をゆすぎすぐに他の男性客のもとへ行く。定期的に検査をしている店でも不安はつきものだ。

ヘルスやソープはピンサロに比べ圧倒的に衛生的ではあるが、完ぺきとは言えない。シャワーを浴びてもキスをしたり男性器を口にしたりするという点でリスクはつきものだ。

最もセーフティーなのは風俗エステ

一方、風俗エステはキスやフェラがないため上記の風俗と比べかなり安心できるといえる。一般的にはシャワーを浴び抗菌してからサービスを受ける。中にはシャワーを浴びずにサービスを受けるところもあるが、いずれもマッサージ店で受けるようなサービスのため性病にかかるリスクは限りなく低い。普通のマッサージ店との違いはハンドサービスがあるか、ないかの違いのため、確率的には一般的なマッサージ店で性病にかかる確率とほとんど変わらない。

しかしそれでも性病にかかる確率が0%とは言い切れない。よりリスクを避けるためにサービスを受けた後に排尿をし、雑菌を体内から放出するということをお勧めしたい。 どれくらいリスクが減るかは分からないが、以前私が淋病になった際、医者が薦めていたくらいなのである程度理にかなっているといえるだろう。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

風俗エステのサービスについて

さて、風俗遊びが好き、もしくは風俗遊びをしてみたいと思った人は風俗エステのサービスについてどう思うだろうか。安全なのは分かったけどあまり気持ちよくなれないのではないかと思ったのではないだろうか。

人によってとらえ方は違うだろうが、私は風俗エステのサービスはかなり質が高いと思っている。やることはハンドサービスであるが、実は射精前の愛撫などの準備は入念にしてくれるところが多い。そのためたまりにたまったものを放出するといった表現が適切である。

そのため私の知り合いの風俗ライターは「風俗エステこそが至高の風俗だ」と言い張る。 まだあまり店舗数が多いわけではないから風俗の中ではマイナーな感があるが、そのうち爆発的な人気となることも考えられる。

それくらいサービス面で充実していて、あらゆる風俗に引けを取らないジャンルといっても過言ではないのである。

万が一性病になってしまったら

最後に、万が一性病になってしまったときの対処法について紹介したい。
性病にかかってしまったらどうするか考えたことはあるだろうか。

私が初めて性病にかかった時、既婚だったため非常にまずいと思い、すぐに治療してくれるお店をネットで探した。どことなく表立った病院ではなく、「秘密厳守」「即治療」という言葉を全面的に押し出していた。

そういう店を探していたからいいのだが、ネックだったのは「治療費が高い」という点である。向こうもこちらの事情をなんとなく理解しているから安くはしない。そういった魂胆が見え見えだった。

ところが、性病にかかってもこういった病院へ行く必要はない
保険を使って堂々と診察を受けるのがベストだ。
そう聞くと多くの人が「泌尿器科」を想像することだろう。
しかし性病は実は内科で見てくれる。淋病であれば一回診察してもらい、処方してもらえばそれで済む。三日もあれば治るので何も悩むことはない。

内科だと既婚であったり、彼女がいたりした場合でも「風邪気味で」などと言えば済むことである。

風俗エステでも性病にかかる確率は0ではない。
しかし、なったとしても軽い病気なので、そうした際は慌てず内科へ行くとよいだろう。