体臭の一部は洗いすぎが原因?/体臭の悩み・ストレス解消術

体臭は体の洗いすぎから発生することも多い?綺麗好き、神経質な男こそ陥りやすい体臭悪循環のワナとは?

体臭の一部は洗いすぎが原因?

気にしすぎが体臭の負の連鎖を生む

除菌シートに除菌スプレー、抗菌、殺菌、消臭…。最近はスーパーやドラッグストアでこんな文字を見る機会が本当に増えたと思う。

この商品自体は何も悪くないのだが、これらが増えた原因は綺麗好きが少々行き過ぎてしまったからではないだろうか。

やっぱり体臭は体が汚れているからするというイメージが強い。もちろん汗まみれになれば汗臭くなったりするから、間違いではないのかもしれない。ただ、毎日のように風呂に入り毎日のようにシャンプー、体洗いをしていてまだ汚いということがあり得るのだろうか?

考えられるのは体の垢(あか)だが、垢は不要なものもあれば必要な成分や良い菌も全て込みでの垢だ。今体臭が気になるのも、もしかするといつからか垢を取ることに必死で匂いを防いでくれる良い菌まで根こそぎ洗い流してしまっていた、のかもしれない。

良かれと思って頑張っていたことも、今気が付かないと一生悪循環していくだけだったかもしれない。

男の悩みは全てエステで解消できる?

身体の悩み、男特有の悩みは全て「ストレス」から来ていると言っても過言ではない!それならメンズ専用のエステで、一発スッキリするのはどうだろうか。

メンズエステとは?お店を見てみる↓

何気ない洗い方で減っていく良い菌

上でも述べたように、肌の表面には良い菌がたくさん住んでいる。ちょっとした悪い菌くらいなら跳ね飛ばす、まさにボディガード的存在だ。この良い菌は表皮ブドウ球菌といい、人間の常在菌だ。

皮脂や汗をエサにして生活しているが、この菌は悪い匂いを発さないと言われている。しかし反対に跳ね飛ばすべき悪い菌は、同じように皮脂や汗をエサにするがそのときに悪い匂いを発してしまう。

同じ菌でも、守る菌と悪さをする菌がいて、我々人間は守る菌を極力減らしてはいけないということなのだ。

頭を洗うのも体を洗うのも、お湯だけで流している人は少ないんじゃないだろうか。シャンプーを使ったりボディソープを使ったりして、しっかり隅々力を込めてゴシゴシ。これこそが体臭を増やしてしまうNG行動だ。

本来シャンプーもボディソープも、液自体で脂や汚れを落とすのが目的ではなく、液で作られた泡を汚れと絡めて流すという使われ方が正解。液直接では洗浄力が強すぎて、皮膚を守る皮脂すらごっそり流れていってしまう。

きっとこの良い菌が減る行動は、ごく普通の風呂タイムで行われていることだから、これを見た全員に気をつけてもらいたい。

風呂での具体的なNG行動

体には匂いやすいところと匂いにくいところがある。例えば手のひらは匂いがしないけど、脇や背中、頭皮などは匂いがしやすい。…ということが普通の人も分かっているから、つい匂いがしやすいこれらの箇所を洗いすぎてしまうんだと思う。

しかし洗いすぎているから次から次へと保護のために脂が出て、さらに体臭へと繋がってしまう。では具体的に風呂でどんな行動をしていたら改善するべきか、チェックしてみてほしい。

シャンプーをたっぷり取る、シャンプーのとき指を立てて強く頭皮を洗っている、ボディソープをたっぷり取る、直接肌につけて伸ばしている、ボディタオルで洗っている、シャワーや湯船をお湯は熱め、シャワーは強め…等。当てはまる項目はあっただろうか?

最初は洗い方を変えることに抵抗があるかもしれないが、背に腹は変えられない。菌を落としているつもりが、逆に菌の温床を作ってしまっているこの事態を、今日から早速改善していこう。